傷害保険の事例





傷害保険には、いろいろな種類がありますが、どのような事例があるのでしょうか。

たとえば、傷害保険には、交通事故傷害保険、海外旅行傷害保険、スポーツ時傷害保険をはじめ、そのほかにも、総合タイプのもの、家族で加入できるファミリータイプのものなど、たくさんの種類があります。

傷害保険の事例としては、たとえば、通勤途中に駅の階段で転倒してしまい、足を骨折してしまった場合や、食事の準備中に誤ってやけどをしてしまった場合、そして、外出中にバッグなどの盗難被害にあった場合などがあげられます。

海外旅行傷害保険であれば、現地で観光中に転倒して骨折して治療を受けた場合や、急性盲腸炎で緊急手術を受けた場合などがあげられます。

また、賠償責任付の傷害保険であれば、自転車に乗っていて、誤って歩行者と衝突し、相手にケガをさせてしまった場合や、他人の家のものを誤って壊してしまい弁償しなければならなくなった場合などが、事例としてあげられます。

また、スポーツ時傷害保険であれば、サッカーの試合中に転んで足を骨折した場合や、野球の試合中にバッターの打ったボールがひじにあたってケガをした場合などが、事例としてあげられます。

傷害保険の種類は多く、補償される範囲もとても幅広く、いざというときのために加入していると心強い保険であるといえます。

傷害保険に加入する場合に気をつけなくてはならないこととして、たとえば、スポーツ時傷害保険であっても、対象となるスポーツが限定されている場合がありますから、たとえば、はじめてスキューバーダイビングに挑戦するというような場合、スキューバーダイビングが含まれるかどうか、契約内容や事例をしっかりと確認する必要があります。